ごつい結婚指輪をうまく作るコツ | 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

HOME » 結婚指輪の基礎知識 » ごつい結婚指輪をうまく作るコツ

ごつい結婚指輪をうまく作るコツ

ごつい結婚指輪を作るにはどうすればいい?

なるべくごつい結婚指輪を作りたいときのコツとして、リングを大きくするといいでしょう。

まずは幅です。

通常は2.5ミリから3ミリ程度が標準のところ、5ミリ以上といった幅広の指輪にするとかなりごついという印象の指輪になります。

さらに指輪に厚みもつけてみましょう。

3ミリ近くの厚みを持たせるとかなり横にも広い指輪となり、見た目にも存在感が強いごつい指輪になります。

まずはこのように幅や厚みを持たせて大きな指輪にすることを考えてみるといいでしょう。

装飾もおすすめ


幅や厚みがあると装飾を入れるスペースも広くなりますから、そこに何か装飾を入れてみるのもおすすめです。

アルファベットで何か文字を入れてもいいですし、まるで金属の彫刻のように何かを彫りこんでもOK。

装飾を入れるとさらに存在感が強まり、重厚でごつい指輪といった印象になります。

どこまでごつくする?

ただのファッションの指輪としてごつい指輪を作りたいだけなら好きなだけこだわるといいのですが、それを結婚指輪にする場合、毎日使う場合もありますよね。

あまりにごつくすると仕事中などに使いづらいといった場合も出てくるため、普段の使いやすさも考えて調整しておくのがおすすめです。

また、パートナーとおそろいの指輪にする場合、相手の好みにも配慮してデザインを調整するといいでしょう。

ごつい結婚指輪を作るときの注意点

幅広で厚みもある指輪を作ると通常よりも素材が大量に必要になり、費用が高くなる傾向があります。

特に結婚指輪ではプラチナやゴールドが素材によく使われますが、これらはいずれも高価な素材となり、大量に使うと指輪代が非常に高くなる恐れがあります。

予算に余裕がないときは別の素材を選ぶのもおすすめです。

パラジウムという素材は金属アレルギーの方には不向きというデメリットがありますが、特にアレルギーのない方にとっては安くて丈夫、しかもプラチナに見た目が似ているというメリットの多い素材です。

ほかにもチタンやジルコニウムなど比較的安い素材は他にもあります。

ごつい指輪のために大量の素材が必要なときはこれら素材選びにも注意するといいでしょう。