結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合 | 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

HOME » 結婚指輪の基礎知識 » 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

指輪の手作りは簡単

指輪を手作りするのなら、意外と簡単にできます。

それこそ幼稚園児でも、何の苦もなく作ることができるでしょう。

方法はビーズにテグスを通し、テグスをリング状に結びつけたら完成です。

最近はハンドメイドとしてビーズの指輪は人気があり、中には事細かい部分まで仕上げられた指輪もあります。

しかしファッション用の指輪ならばまだしも、結婚指輪を手作りするとなると話はかわります。

本人達が納得しているのならテグスとビーズで作られた指輪でも構いませんが、一生に一度のものだからこそ、しっかりとした指輪を作りたいものです。

鋳造とは

結婚指輪の作り方には、「鋳造」と「鍛造」の2種類あります。

多くのジュエリーブランドや工房で採用されている方法は、鋳造でしょう。

鋳造とはロウで作られた型に、溶かした金属を流し込んで指輪を作る方法です。

事細かい細工を施すことができるため、芸術品に見紛うばかりの完成度を誇ります。

手作り体験ができる工房ではロウの型を自分達で作り、溶かした金属を流し込む作業は職人の手によって行われるでしょう。

鍛造とは

「鍛造」とは、金属を叩いて指輪の形を作り出す方法です。

非常に手間がかかる方法のため、取り入れているジュエリーブランドや工房は「鋳造」と比べると少なくなっています。

また製造方法上事細かい細工ができず、デザインはシンプルなものが多くなっているのが特徴です。

しかし金属を叩いて鍛え上げて仕上げるため、鋳造と比べると傷つきにくくなっています。

大切に扱えば、孫の代まで使えるでしょう。

すぐにはできない手作り結婚指輪

指輪を手作りした場合、工房にもよるので一概には言えませんが、すぐにその場で持ち帰ることは難しいです。

鋳造を取り入れている工房であれば、最後は職人の手によって仕上げられるので、時間はどうしてもかかります。

鍛造であれば即日持ち帰りもできなくはないものの、絶対とは言い切れません。

もし結婚指輪を手作りしたいと考えているのなら、なるべく早く取り掛かるようにして下さい。