結婚指輪のあり方 | 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

HOME » 結婚指輪の基礎知識 » 結婚指輪のあり方

結婚指輪のあり方

結婚指輪に対する認識ってどんな感じ?

結婚指輪と聞くと結婚式のときに指輪交換によってお互いに渡されるイメージがあると思いますが、そこに至るまでに段階はどのような流れをイメージしている人が多いのでしょうか?
まずブライダルリングには婚約指輪と結婚指輪の2種類があって、それぞれ意味がありますのでそこから紹介していきます。
婚約指輪は「これから結婚することを誓い合うための指輪」で、男性から女性へプレゼントされるのが一般的です。
よくドラマや映画のワンシーンでプロポーズするときにプレゼントされているのは婚約指輪で、この段階ではまだ結婚指輪に関して話し合っていることは少ないのではないでしょうか。
次に結婚指輪ですが、こちらは婚約指輪と違って男性側も女性側も両方つけることになりますし、「結婚してこれから二人で生きていくことを約束する指輪」ですから、婚約指輪とは少し意味が違います。

結婚指輪は誰が買うの?

ここでひとつ疑問点としてあがってくるのが「結婚指輪は誰が買うの?」というところで、これは基本的な決まりがあるわけではないので、男性が買っても構いませんし、女性が買っても問題はありません。
ただ一般的にはこれから生活を共にしていくことを誓い合う指輪なので、お互いに相手にプレゼントする意味を込めて買うことが多いと思います。
また、結婚指輪はフィアンセが付ける方はダイヤモンドなどの石が入っていることがほとんどですから、こちらのほうが高価になります。
このように結婚指輪は特に誰が買わなければならないということはないので、話し合って決めるといいでしょう。

大事なのはお互いの共通認識

結婚指輪を準備するうえで重要なのはお互いに共通認識を持つことで、どちらかが納得していない形で進めるのではなくお互いに良いと思える結果になるように努力してください。
これは結婚式を開催するのか否かを含めた大きな決断になりますから、慎重にやっていきましょう。