結婚指輪の手作り後のメンテナンス | 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

HOME » 結婚指輪の基礎知識 » 結婚指輪の手作り後のメンテナンス

結婚指輪の手作り後のメンテナンス

結婚指輪は金属を使って手作りされていますから、特に何かメンテナンスなどをしなくても問題ないと思うかもしれません。
しかし実際には、これら結婚指輪は手作りされたあとにも、できれば行いたいメンテナンスがあります。
それはこまめにその結婚指輪を拭くこと。
それほど難しいメンテナンスではありませんね。

これをしたいのは、その結婚指輪についた水気や汚れを落とし、きれいな状態を保つため。
手作りされて完成した結婚指輪は、毎日指にはめる方も多いでしょうから、その指輪に水気がついたり、手の脂や汚れなどが付着することも多いですよね。
それをこまめに落とすメンテナンスは、とても大事なことです。
汚れがついているとせっかくきれいに手作りされた結婚指輪も汚れて見えますし、その水気や汚れが変色の原因になることもあります。
メンテナンスをまったくしていないと、最初は光り輝く仕上がりだった手作り結婚指輪も、次第に薄汚れていき、曇ったガラスのような見た目になることも多いです。

ちなみに結婚指輪を手作りするときに使われる素材として、よく使われるプラチナは、変色や変形に強いという特徴があります。
これで手作りした結婚指輪なら、メンテナンスをそれほどしなくても、完成当時の輝きを比較的保てるのですが、まったくメンテナンスをしなくてもいいわけではありません。
やはりこまめに拭いた方が、よりよい状態を保てます。
プラチナで手作りした結婚指輪でも、このようなメンテナンスはおすすめです。

実際にこれを行うときは、メガネ拭きのような柔らかい素材を使い、あまり力を入れず、優しく拭いてください。
水に濡らす必要はありませんが、水で落とした方がいい汚れがついているときは、軽く指輪を洗い、水気をよく切ったあとで乾拭きするといいでしょう。

このようなメンテナンスをしていても、手作りしてだいぶ日が経つと、結婚指輪の輝きがなくなることもあります。
そのときはその手作り結婚指輪を入手したお店やショップ、工房などのアフターフォローを利用すると、再度磨き上げをしてもらえるため、手作り直後のようなきれいな仕上がりに戻ることも多いですよ。
このように結婚指輪は手作りしたあと、こまめにメンテナンスなどすることがおすすめです。