手作り結婚指輪の注意点 | 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

HOME » 結婚指輪の基礎知識 » 手作り結婚指輪の注意点

手作り結婚指輪の注意点

結婚した2人のアクセサリーとなる結婚指輪。
職人が手作りしたものや、自分で手作りしたものなど、いろいろな種類がありますが、これを用意する前に知っておきたい注意点がありますから、いくつかご紹介しましょう。

まずどんなデザインの結婚指輪を、どこでどうやって手に入れるのか、それはパートナーとよく話し合って決めること。
基本的な注意点ですが、サプライズのつもりで、どちらか片方が内緒で用意を考えていることもありますよね。
それがダメというわけではないのですが、ここで手にする結婚指輪は一生の記念になることもある指輪です。
また、これら結婚指輪は完成後、毎日つけることも多いですよね。
婚約指輪と違って使用頻度が高いからこそ、そのデザインや入手方法については、パートナーとよく話し合っておくのが注意点となるのです。

相手の希望と違う手作り結婚指輪となると、パートナーにとっては不満の残る指輪となり、毎日つけるのもストレスとなることがあります。
そうならないよう、デザインの話し合いも大事ですし、プロの職人が手作りしたものを買うのか、工房などで自分達で手作りするのかも、よく話し合って決めるといいですよ。

次の注意点は、毎日つけられる結婚指輪とすること。
見落としやすい注意点は、手作りされた完成品の肌触りや重さです。
たまにつける指輪なら気にならなかったとしても、毎日つける結婚指輪としては、肌触りが合わなかったり、重く感じたりすることもありますよね。
自分が選んだり、これから手作りしたりするその結婚指輪が、そのようなものになっていないか、気をつけたい注意点です。
なるべく肌触りがよく、重さが苦痛にならないものにするといいですよ。

最後の注意点は、その結婚指輪についているアフターフォローの有無です。
職人が手作りした結婚指輪を購入したお店や、手作りしたお店などによっては、アフターフォローとして、指輪の磨き直しや、サイズ直しができる場合があります。
これがあった方が、長く使える結婚指輪となります。
できるだけこのようなアフターフォローがある場所で、結婚指輪を用意するといいでしょう。
このような注意点に気をつけると、満足いく結婚指輪を手に入れられますよ。