ウェディングリングの手作りとデザイン | 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

HOME » 結婚指輪の基礎知識 » ウェディングリングの手作りとデザイン

ウェディングリングの手作りとデザイン

プロの職人やそのリングの購入者などにより手作りされるウェディングリングですが、そのデザインにはどんなものがあるでしょうか?
よくある定番デザインとなっているのが、ストレートです。
これは素材をただリング状にしたデザインのもので、特に特徴がないのが特徴となっています。

リングの幅や厚みは調整できますが、比較的細身のリングとなることが多いですね。
このデザインにすると、手作りされ完成したウェディングリングはシンプルな出来となり、あまりファッションにこだわりがない方でも、利用しやすいのが特徴です。
このストレートのデザインが、手作りウェディングリングとしても比較的人気で、プロが作る完成品でもよく採用されていますし、購入者が自分で手作りするときにもよく選ばれています。
ただ、これだとあまり特徴がないため、オシャレにこだわりがある方には、少し物足りないデザインになることもあるでしょう。

そのようなときに選ばれるその他のウェディングリングのデザインが、ウェーブです。
これはストレートと同じように金属がリング状にはなっているのですが、その金属が波打つように変化しながら1周しているデザインとなります。
ストレートに比べると、普通のリングとは違う印象が強く、ファッション性も高くなります。
オシャレなウェディングリングが欲しい方からはこのデザインが選ばれたうえで、よく手作りされていますね。

ウェーブと同じようにファッション性がやや高く、ストレートでは物足りないと思う方から選ばれているデザインは、ほかにV字もあります。
これはウェーブほど大きな変化ではありませんが、やはりリング状になっている金属がまっすぐ水平になっているのではなく、少し湾曲しながら1周するデザインです。
V字と呼ばれるのは、その湾曲している部分がちょうどV字のように見えるため。
さりげないオシャレを楽しめる手作りウェディングリングとなりますよ。

このようなデザインが基本となりますが、自分でデザインを指定できる方法で手作りすると、オリジナルのデザインを指定することもできます。
手作りウェディングリングはこのように多くのデザインの中から、好きなものを選べます。