手作りウェディングリングって必要? | 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

HOME » 結婚指輪の基礎知識 » 手作りウェディングリングって必要?

手作りウェディングリングって必要?

これから結婚する方向けのアクセサリーとして、多くのウェディングリングが手作りされていますが、これの用意は決して義務ではありません。
用意する方は非常に多いですが、これを用意しないカップルや夫婦もおられます。
このようなウェディングリングがなくても結婚式はできますし、婚姻届のときにも無理に指輪は必要ありませんから、結婚にも支障はありません。

そのため、手作りウェディングリングが必要かどうかでいうと、無理に必要はありません。
ただ、実際にはこれを用意する方は非常に多いですし、実務上必要なくても、個人的な理由で絶対に必要だと考える方もおられます。
そのため、多くの場所でウェディングリングが手作りされ、販売もされているわけです。

実務上は必要なくても、これを用意する方が多いのは、これがちょっとした憧れになっている方も多いため。
手作りウェディングリングは、男性も女性も左手の薬指にはめることになりますよね。
これをするのは、結婚している男女だけになるのが基本です。
結婚願望がある方など、この左手の薬指にあるウェディングリングが憧れとなっている方もよくおられます。
そのような方だと、結婚するからには手作りされたウェディングリングが欲しいと思う方も多いため、無理には必要なかったとしても、きちんとこのリングを用意する方も多いのです。

また、しっかりけじめをつけ、独身時代とは違うという証が欲しいという理由で、手作りウェディングリングを用意する方も多いです。
これを用意すると、左手の薬指にずっとつけ続ける方も多いですよね。
そのリングがあることで、独身時代とは違うのだという自覚が強まります。
このようなけじめのため、多くの場所で手作りされているウェディングリングを用意する方もおられます。

このような明確な理由がなく、結婚したからにはウェディングリングが欲しいとなんとなく思って、これを用意する方も珍しくありません。
絶対に必要なものではありませんが、手作りウェディングリングが欲しいと少しでも思えば、気軽に用意するといいですよ。