結婚指輪の基礎知識 Archives | 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

HOME » 結婚指輪の基礎知識

結婚指輪の基礎知識

宝石を3石あしらった結婚指輪について

宝石を3石あしらった結婚指輪

結婚指輪には3石の宝石をあしらったデザインも見つかります。

これはむしろ婚約指輪で昔から好まれてきたデザインでスリーストーンとも呼ばれます。

その意味は何かというと、古くは富の象徴ともいわれていましたし、現在ではその3石が過去、現在、未来を表すともいわれます。

同じ大きさのダイヤモンドを3石並べることもありますし、中央に大きなダイヤを1つ、その両脇に小さなダイヤを2つの合計3石とすることもあります。

さらにはカラーストーンを使うこともあるなどデザインのバリエーションが豊富です。

古くから好まれる縁起のいいスタイルと、3石の宝石を並べるという高級感やデザイン性を両立できる指輪となるでしょう。

≫ 『宝石を3石あしらった結婚指輪について』

結婚指輪購入口コミ「シンプルで華奢なデザイン」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

9

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

主人10万円、私15万円程度

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

主人はもともとアクセサリーなどつけないタイプの人だったので、シンプルで華奢なデザイン、指にはめた時につけてる感のない(感覚的なところで)という条件で探しました。

私は指にはめた時に指がキレイに見える、シンプルすぎない、年齢を重ねた時のも違和感なくつけることができるという条件で、デザイン重視の探し方をしました。

お互いが100パーセント気にいるまで探して見つけることができたのでそのお店での購入を決めました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「シンプルで華奢なデザイン」』

結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

指輪の手作りは簡単

指輪を手作りするのなら、意外と簡単にできます。

それこそ幼稚園児でも、何の苦もなく作ることができるでしょう。

方法はビーズにテグスを通し、テグスをリング状に結びつけたら完成です。

最近はハンドメイドとしてビーズの指輪は人気があり、中には事細かい部分まで仕上げられた指輪もあります。

しかしファッション用の指輪ならばまだしも、結婚指輪を手作りするとなると話はかわります。

本人達が納得しているのならテグスとビーズで作られた指輪でも構いませんが、一生に一度のものだからこそ、しっかりとした指輪を作りたいものです。

≫ 『結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合』

結婚指輪は割り勘できる?

結婚指輪の割り勘

結婚指輪は二人の所有物となるわけですから、その購入費用も二人で割り勘するのが自然ではと思う方もおられますよね。
そのようにしてもいいのかというと、すること自体は可能です。
結婚指輪を購入するときにはその費用を何らかの形で支払う必要がありますが、最終的に全額の支払いが可能なら、そのお金を二人がどのように出したかは特に関係ありません。
≫ 『結婚指輪は割り勘できる?』

結婚指輪購入口コミ「先入観をもたず、とにかくたくさん試してみる」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

私 9万円、夫 11万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

当初私は細いゴールド、夫は太いプラチナという希望だけで探し始めました。

結婚式まで日数が足りなかったのでオーダーメイドは諦めました。

ある店舗で、同じデザインで太さの違う指輪を複数試せたので、夫はその試着で好みの太さを決め、少しずつ候補を絞っていきました。

複数の店舗でひたすら試着を繰り返し、私の希望が「細めのダイヤの着いたゴールド」に決まったので、試着で1番気に入った店に行き、それに合う夫の指輪を探しました。

既製品では同じデザインが無かったので、セミオーダーという形で太さや素材を好みに合わせて貰いました。

予算は未定でしたが、結果的には思ったより安く出来た、という感じです。

1番の決め手は付けた時の見た目と感触(厚み)です。

毎日付けるものなので、違和感の無いものを慎重に選びました。

とにかくデザイン重視で、ブランドや予算は特に気にしていませんでした。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「先入観をもたず、とにかくたくさん試してみる」』

結婚指輪購入口コミ「とにかく予算内」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚5年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

5万円ずつ

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚の理由ができちゃった結婚ということもあって、急ぎで買うことになりました。計画的なことではなかったため、予算を高額にもてませんでした。

そのために、なによりも予算面を重視して購入することになりました。

特にお互い指輪にこだわりがなかったので、どんなものでもいいかなということで、ブランドにこだわらず、安いものでものがしっかりとしたものを選びました。

そして、二人が同じデザインでおかしくないものを選びました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「とにかく予算内」』

結婚指輪購入口コミ「素材がプラチナ950であることにこだわり」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚2年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

夫20万、私35万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

もともと私は指輪を望んではおらず買っても買わなくてもどちらでも良いと言うスタンスだったのですが夫が結婚している証としてやはり買いたいと言うことで基本的には夫がすべて選びました。

予算は1,000,000円までと言うことで話していたのですが値段が高くなれば高くなるほど装飾の多い指輪が多く普段遣いには向いていないなと思いシンプルな指輪を選びました。

やはり一生つけるものではあるので変色や錆が出にくい、素材がプラチナ950であることにはこだわりました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「素材がプラチナ950であることにこだわり」』

結婚指輪のあり方

結婚指輪に対する認識ってどんな感じ?

結婚指輪と聞くと結婚式のときに指輪交換によってお互いに渡されるイメージがあると思いますが、そこに至るまでに段階はどのような流れをイメージしている人が多いのでしょうか?
まずブライダルリングには婚約指輪と結婚指輪の2種類があって、それぞれ意味がありますのでそこから紹介していきます。
婚約指輪は「これから結婚することを誓い合うための指輪」で、男性から女性へプレゼントされるのが一般的です。
よくドラマや映画のワンシーンでプロポーズするときにプレゼントされているのは婚約指輪で、この段階ではまだ結婚指輪に関して話し合っていることは少ないのではないでしょうか。
次に結婚指輪ですが、こちらは婚約指輪と違って男性側も女性側も両方つけることになりますし、「結婚してこれから二人で生きていくことを約束する指輪」ですから、婚約指輪とは少し意味が違います。
≫ 『結婚指輪のあり方』

結婚指輪の素材人気ランキング!?

結婚指輪を購入する際、素材人気の高いものが欲しいと考える人が多いです。
結婚指輪に使用される素材は、プラチナやゴールドなどさまざまなものがあるのですが、素材人気が高いものはどれなのでしょうか。
そこで、結婚指輪に使用される素材人気が高いものについて見ていきましょう。

≫ 『結婚指輪の素材人気ランキング!?』